共済事業について
共済事業及び競走馬購入費補助事業について
傷害見舞金支給規程

 

共済事業について
競走馬購入費補助事業


共済事業について
1.加入は、2歳の競走馬デビューから加入できます。
2.掛け金は、毎年度3月31日までの加入で1頭につき3万円となります。
3.原則として、転入馬は、加入できません。
4.見舞金の支給は、レースによる傷害度によって、浦和競馬組合から支給される額を基準に埼玉県馬主会から250%の額を支給します。
5.南関他場(大井・船橋・川崎)での事故も対象になります。

また、野田トレーニングセンターの調教中に発生した、事故による廃馬に対して、18万円を支給します。なお、支給条件は、年度の予算に応じて変わることがあります。

詳細について、下記の規程を参照してください。

《一般社団法人埼玉県馬主会共済傷害見舞金支給規程》

第1条 
一般社団法人埼玉県馬主会(以下「本会」という。)の会員の互助事業として、会員所有馬に対し、共済傷害見舞金を支給する。

第2条 
会員は、その所有馬を共済に加入させることができる。

第3条 
共済に加入させようとする馬は、野田厩舎に在厩する馬とし、原則として地方競馬全国協会(以下「地全協」という。)の馬登録を受けた競走馬とする。

第4条 
前条の競走馬であっても、県外から転厩した馬にあっては、共済に加入できないものとする。ただし、未出走の馬にあっては、この限りでない。

第5条 
加入させようとする馬を所有する会員は、次の掛金を納入しなければならない。
サラ系  1頭につき     30,000円
加入馬を譲渡転出した場合は効力を失い、一度納入した掛金は返還しない。

第6条 
会員は、共済加入申込書(別紙様式)に、地全協登録書(馬登録証)及び前条の掛金を添え、本会会長に申込書を提出しなければならない。

  1. 共済申込みは、当該開催初日の11日前までに加入手続きを完了しなければならない。
  2. 加入手続き完了の翌日から11日目以降に発生した事故について、第7条の規定に従って見舞金を支給する。
  3. 共済加入の有効期間は年度末までとし、毎年度更新する必要がある。
  4. 各条の見舞金については、加減することがある。


第7条
本会で支給する共済傷害見舞金は、『埼玉県浦和競馬組合の競走馬傷害見舞金交付要綱』に基づく競走馬傷害見舞金基準表に100分の250を乗じた額を支給する。(*100円未満は切り捨てる)

2. ただし、南関東他場(大井、川崎、船橋)での事故によりそれぞれの主催者から見舞金が支給された場合は、『埼玉県浦和競馬組合の競走馬傷害見舞金交付要綱』に基づく競走馬傷害見舞金基準表の額を支給する。

3. 野田トレーニングセンターにおいて調教中に発生した事故が起因で、会員の競走馬がへい死又はと殺となった場合は、事故馬届出書、獣医師の診断書及びと殺証明書をもって18万円を支給する。(薬殺の場合及び未出走の2歳馬の場合は、獣医師の診断書のみで可)ただし、加入手続き完了の翌日から11日目以降に発生した事故について見舞金を支給する。


この規程は、平成30年4月1日から適用する。

競走馬購入費補助事業について

平成30年度の2歳新馬に対する補助金は、会員の場合、先着50頭までは70万円、61頭目からは1頭60万円という仕組みになります。
また、2歳転入馬については25万円、さらに市場購入馬については、1頭あたり購入価格の30%もしくは100万円のどちらか少ない額が補助されます。


  1. 2歳中に能力調教試験に合格した馬が対象です。
  2. 補助額
    2歳新馬会員 先着50頭までは70万円、51頭目からは60万円
    会員以外 1頭20万円
    2歳転入馬会員   1頭25万円
    会員以外 1頭10万円
  3. 義務事項 
    (1) 補助対象馬は3歳末日まで浦和競馬に在厩するものとし、他場へは転厩できません。これに反した場合、補助金額の全額を返還していただきます。ただし、傷害馬となったこと等により死亡又は用途変更となったときはこの限りではありません。
    (2) 補助対象馬は浦和競馬に優先出走させるものとします。
平成30年4月1日から適用する

埼玉県馬主会競走馬購入費補助事業の交付手続き

1 補助対象経費
補助対象経費は埼玉県浦和競馬組合(以下「組合」という。)が定める「埼玉県浦和競馬組合競走馬購入費補助事業交付要綱」(以下「交付要綱」という。)第5条に記載された経費とし、その補助額は別表に記載のとおりとする。

2 補助金の申請
2歳能力試験に合格した新馬又は試験免除になった転入馬に対して、競走馬購入費補助を受けようとする馬主は(1)及び(2)により補助金交付申請書を提出する。

(1)別表経費の欄1(1)、(2)については、別記様式第1号による補助金交付申請書(以下、「申請書」という。)に馬登録証の写し及び売買契約書の写しを添付して、一般社団法人埼玉県馬主会(以下、「本会」という。)に、能力試験合格後14日以内に提出するものとする。

(2)別表経費の欄1(3)については、別記様式第2号による申請書に馬登録証の写し及び売買契約書の写しを添付して、本会に、別途定める期日までに提出するものとする。

3 補助金の交付と通知
本会で2の申請書を受理したら、2歳能力試験ごとに申請書を取りまとめて、申請者に対して速やかに交付決定を行うとともに、補助金を会員にあっては指定口座に、会員以外の者にあっては賞金等の振込口座に振込むこととする。