会長ご挨拶
馬主会の概要
よくある質問
馬主会だより
馬主会だより
【NW馬主 NO.134 H21.12.17】

1、平成21年度第7回浦和競馬開催成績について
【平成21年11月23日(月)〜11月27日(金)】

今回及び累計の各欄の数値は浦和本場・南関3場ほか各場外場・SPAT4等の合計です。
累計欄の対前年比率は前年度の年間平均と本年度当回までを比較したものです。
区 分 入場者数
(人)
一日平均
(人)
対前年比
(%)
売得金額
(千円)
一日平均
(千円)
対前年比
(%)
今 回 241,883 48,377 109.8 3,111,046 622,209 102.4
累 計 1,521,806 49,091 105.8 20,355,573 656,631 96.0

2、浦和記念競走について
第30回浦和記念競走(JpnII)は11月25日(水)[第7回 開催3日目]に、1着賞金4,000万円、距離2,000mで行わ れました。優勝馬は埼玉栄冠賞競走で1着になりこの競 走の優先出走権を獲得した川崎所属のブルーラッド号 (馬主:黛大介 調教師:足立勝久氏 騎手:戸崎圭太氏)が2着に2馬身の差 をつけゴール盤を通過しました。2着は船橋所属のルースリンド号、3着はJRAのテスタマッタ号でした。

3、オーバルスプリント競走(会長賞寄贈)について
第20回オーバルスプリント競走(SIII)は12月23日(水)[第8回開催3日目]に1着賞金 2,000万円、距離1,400mで行われます。優勝馬主には埼玉県馬主会小峰会長から賞 状と記念品が贈呈されます。  なお、昨年(平成20年度)の優勝馬はトーセンラヴ号(浦和)でした。

4、JRA認定競走について
平成21年度第7回開催でJRA認定競走が実施されました。優勝馬は下記の通りです。

実施日 平成21年11月27日(金)
第7回 距 離 馬 名 タイム 馬 主 名
1R 800M トーセンボー 50.6 秒 島川 隆哉 氏
2R 800M ガイエスブルク 50.1 秒 岡田 牧雄 氏

5、主催者と競馬関係団体による意見交換会について
平成21年11月19日(木)野田トレーニンセンター内の管理事務所会議室にお いて主催者と競馬関係団体【馬主会(馬場委員)・調教師会・騎手会・厩務員 親睦会】とで走路等の維持管理状況について意見交換の場を持ちました。 意見交換の場と言うことで関係団体からは活発な意見が多く出され特に雨天時における調教中の事故防止 を図るため走路維持管理についてはより一層万全を期するよう、また厩舎周辺の馬道についても以前から凹 凸が激しくなってきており運動中に支障のないよう今後計画的に整備してほしい旨主催者に要望をしました。

6、平成22年度南関東地方競馬開催日割(案)について
平成22年度南関東地方競馬開催日程(案)が発表になりました。浦和競馬は11開催49日です。


多くのファンで埋め尽くされたトークショー会場
 第7回(11月)開催は「浦和競馬畜産祭りシリーズ」として、 開催期間中3号スタンド1階案内所横に畜産物の販売及び 展示コーナーが設けられました。
また、23日(月)は正門横の移動特設ステージにおいて、 フリーアナウンサーの蘇武直人さんと元騎手の赤見千尋さんに よる予想トークショー(7R、10R及び25日の浦和記念競走)が開 かれました。集まった多くのファンは絶妙なトークに終始聞き入り納得したようにうなづくなどしているうち、あっという間に時間が流れ好評のうちに終了しました。

27日(金)には正門横でTOMIパフォーマンスによる大道芸が行われ、多くのファンがレースの合間のひと時を楽しんでいました。

《工事のお知らせ》
11月30日から競馬場内において北門周辺整備工事が行われています。工事期間は平成22年3月19日までです。この間、馬主駐車場への進入経路及び駐車場所に変更はありません。
《事務局の休みについて》
平成21年12月29日(火)〜平成22年1月3日(日)まで埼玉県馬主会事務局は休ませて頂きます。

(社)埼玉県馬主会
H21.12.17