会長ご挨拶
馬主会の概要
よくある質問
馬主会だより
馬主会だより
【NW馬主 NO.144 H22.11.18】

1、平成22年度6回浦和競馬開催成績について
【平成22年10月11日(月)〜10月15日(金))】

今回及び累計の各欄の数値は浦和本場・南関3場ほか各場外場・SPAT4等の合計です。
累計欄の対前年比率は前年度の年間平均と本年度当回までを比較したものです。
区 分 入場者数
(人)
一日平均
(人)
対前年比
(%)
売得金額
(千円)
一日平均
(千円)
対前年比
(%)
今 回 227,823 48,138 100.4 2,728,952 545,790 93.5
累 計 1,295,211 49,321 98.5 16,171,692 621,988 98.3

2、埼玉栄冠賞競走(会長賞寄贈)について

第20回埼玉栄冠賞競走(SV)は10月13日(水)[第6回開催3日目]に1着賞金1,200万円、距離1,900mで行われました。優勝馬は、船橋所属のドリームトレジャ ー号(馬主:中原 哲郎氏 調教師:佐々木 功氏 騎手:本多 正賢氏)が2着馬に3/4馬身差をつけてゴールしました。2着は、川崎所属ブルーラッド号、3着は、船橋所属のルクレルク号でした。

3、平成22年度(社)埼玉県馬主会会員研修会並びに優秀厩務員表彰式が開催される

11月10日(水)さいたま市のワシントンホテルにおいて、平成22年度会員研修会並びに優秀厩務員表彰式が開催されました。
研修会講師は、埼玉県浦和競馬組合副管理者 杉田勝彦様、業務課長 鴻巣泰様にお願いし、杉田副管理者様からは、「活力ある浦和競馬について」業務課長様からは「浦和競馬の現状と競馬の公正確保について」と題し講演をしていただきました。杉田副管理者からは、広報活動等を通し、地域に密着した競馬を目指すとの話があり、将来に希望が持てる内容でした。
なお、同時に行われました優秀厩務員には次の5人が選ばれ、竹之内埼玉県馬主会会長から賞状と記念品が授与されました。

虎谷 英樹  様 (山 越 光   厩舎所属)
水越 安彦  様 (村 田 貴広  厩舎所属)
橋本 幸逸 様 (小久保 智 厩舎所属)
桃井 十四秋様 (宇野木 数徳 厩舎所属)
牧野 貴充 様 (小嶋 一郎 厩舎所属) 



4、平成22年度競走馬購入費補助事業について

第6回浦和競馬開催終了時点での競走馬購入費補助金対象馬は、45頭で2,010万円消化しました。 補助金総額は、2,800万円で残り790万円となりました。


5、JRA認定競走について

平成22年度第6回開催でJRA認定競走が実施されました。優勝馬は下記の通りです。
実施日 平成22年10月15日(金)

第6回 距 離 馬      名 タ イ ム 馬 主 名
1 R 800M  ノブドリーム 49.0秒 前田 亘輝 氏
2 R 800M  ダンツラッキー 49.5秒 山元 哲二 氏

10月11日(体育の日)ファミリーデーとして金魚すくい、 大道芸のバルーンアート、さいたま市の物産品の販売などが実演され多数の家族づれでにぎわいました。



(社)埼玉県馬主会
H22.11.18