会長ご挨拶
馬主会の概要
よくある質問
馬主会だより
馬主会だより
【NW馬主 NO.167 H24.12.6】

1) 平成24年度第7回浦和競馬開催成績について
【平成24年11月19日(月)〜11月23日(金)】

今回及び累計の各欄の数値は浦和本場・南関3場ほか各場外場・SPAT4等の合計です。
累計欄の対前年比率は前年度の年間平均と本年度当回までを比較したものです。
区 分 入場者数
(人)
一日平均
(人)
対前年比
(%)
売得金額
(千円)
一日平均
(千円)
対前年比
(%)
今 回 219,804 43,961 94.7 2,602,111 520,422 94.8
累 計 1,289,440 46,051 95.7 15,530,178 554,649 91.5

注1:第1回開催で実施した「しらさぎ賞」は、毎年4月29日(昭和の日)に実施しているが、今年は暦の関係で4月29日が日曜日になりJRA開催日となったため、平日(4/25)に実施した。
注2:第2回開催で実施した「さきたま杯」は競走除外馬があり、7300万円を超える大きな返還金が生じた。

2)第33回浦和記念競走(日馬振会長賞寄贈)について
第33回浦和記念(JpnU)は11月21日(水)[第7回開催3日目]に1着賞金4,000万円、距離2,000mで行われました。優勝馬はJRA所属のピイラニハイウェイ号(馬主:金子真人ホールディングス梶@調教師:吉田直弘氏 騎手:岩田康誠氏)が2分7秒5のタイム、1馬身の差で優勝しました。2着馬はJRA所属のエーシンモアオバー号、3着はJRA所属のランフォルセ号でした。


1日場長とともに馬主、調教師、騎手、厩務員

ピイラニハイウェイ号ゴールの瞬間

3) 2歳新馬競走について
平成24年度第7回開催で2歳新馬競走が実施されました。優勝馬は次のとおりです。
実施日 平成24年11月23日(金)

7回 距離 馬名 タイム 馬主名
1R 800m サパンドノエル 50秒0 齋藤 實

4) ゴールドカップ競走(SV)について
第50回ゴールドカップ競走(SV)は、12月12日(水)[第8回開催3日目]に1着賞金1,500万円、距離1,500mで行われます。優勝馬主には、当馬主会竹之内会長から賞状と記念品が贈呈されます。
 なお、昨年度の優勝馬は、船橋所属のナイキマドリード号でした。

5) 共済見舞金支給率の変更について
今年度4月から250%の支給率で共済見舞金を支給してきましたが、予算残額が限られてきたため、12月分から200%の支給率に引き下げとなります。

愛華みれ1日場長(11/21)
元宝塚スターの愛華みれさんが11月21日に1日場長として浦和競馬場を訪れました。当日は芝生広場でトークショーを行い、乗馬経験や競馬の予想等を話しました。また、浦和記念競走のプレゼンターを務められました。今後の活躍をお祈りします。


畜産フェア開催される
11月19日から24日までの5日間場内で畜産フェアが開催されました。期間中は牛乳・プリンの無料配布、焼肉コーナーの設置、日高産アイスクリームの販売等、多くのイベントが開催され、来場者を喜ばせました。






(社)埼玉県馬主会
H24.12.6